企業研修

日本では自動車が流通・物流の要として、また基幹産業として経済を支えています。
しかしその一方で、CO2削減問題や増え続ける車両台数と交通事故発生件数。
地球温暖化対策として日本は、CO2を始めとする温暖化ガスの6%削減を世界から求められています。
今これらの問題に対処することを、私たち一般企業も求められています。
その解決のキーワードは、"気づき"。
安全に関する人間の意識、エコロジーに関する人間の意識、これらに気づくことから、具体的解決方法が始まると考えます。
"気づき"を導き、人を育てることで、私たちマジオドライバーズスクール鹿児島校は、企業発展のお手伝いさせていただきます。

マジオドライバーズスクール鹿児島校 企業研修 カリキュラム作成
運転者の不注意や思いこみにより発生する交通事故。その原因をドライバー自身が"気づき"、その対応方法を認識し、訓練・習慣化することで交通事故を減らすことが可能です。

また、管理者は、運転者の肉体的・精神的変化を日々捉え、指示・安全啓蒙・アドバイスを行うことで"気づき"を感じさせることが重要です。

マジオドライバーズスクール鹿児島校 企業研修 プラン
  • 新人研修
  • 一般社員研修
  • 安全運転管理者研修
  • プロドライバー向け研修
  • 事故多発者研修
マジオドライバーズスクール鹿児島校 企業研修 研修メニュー
  • 研修内容・料金につきましては、企業様のニーズに対応したプランにてご提案をしております。
  • ご要望に応じまして、出張研修も致します。
  • 下記以外にも豊富なプログラムをご用意しております。まずはご相談ください。
交通安全講話
事故を発生させたがための社会に与える企業イメージの失墜という現実を、通勤中の事故、業務中の事故事例の資料を配布して説明し、自分が自己を発生させたために生ずる企業への責任、社会への責任、さらに道義上の責任について考えていただきます。
法規走行
検定員同乗の元、予め設定された場内コースの課題を走行していただきます。交通法規に基づいた安全な運転ができるかどうかの採点を行い、受講者に結果報告をします。基本の再認識の徹底と、長年の運転個癖の修正を行います。
急ブレーキ体験
一般に危険な状況に遭遇した場合、「急ブレーキ」で車を停止させれば良いと言われますが、当校が実施した過去の研修においても、80%以上の受講者は急ブレーキを踏めませんでした。ABS作動時のブレーキと、ABSのひさ同時のブレーキの違いを体験していただきます。
衝突体験
実際にコンクリート壁に衝突していただきます。衝突の大きさとシートベルトの重要性を再認識してもらいます。(速度約5km/h)
死角認知
長年、運転を生活の糧とされているプロドライバーの方々でも、実際写真のようにロープを引いてみると、車の形状による死角の多さに驚かれていらっしゃいます。"降りて、確かめてみる・勇気"を芽生えさせる講習です。
スキッド体験
低μ路面(雨天時・高速走行時・凍結路面など)での急制動を行い、車の挙動や危険性を体験していただきます。

マジオドライバーズスクール鹿児島校 交通安全教育センター 申し込み